彼も喜ぶかわいいランジェリー

ランジェリー、セックスライフ、デリケートゾーンのお悩み解決サイト

普段は黒ばかりの私の勝負下着は、白のTバックとガーターベルト

勝負下着は白。普段は黒の下着ばかりなのに・・・

私は31歳、ジャズやシャンソンを歌って暮らしています。彼は36歳の車が好きな整備士です。私は基本的に黒の下着を好んでいたので、彼氏に会う時もいつも黒の下着です。ブラジャーとパンツをセットで購入しますが、パンツがダメになっても他の黒ブラジャーに合わせられると言う色気のない理由ですが、黒は男性受けも良いのでそれも理由の一つです。なのに、なぜ勝負下着が白なのかは私の誕生日に分かります・・・。

彼が私の誕生日を「盛大にお祝いしたい!」と言ってくれたのですが、私は「お祝いされる年齢じゃないから」って断ってしまいました。恥ずかしさもありましたが、なぜか気負いすぎの彼氏に少し引いてしまった部分もありました。

その時「誕生日にプロポーズしたかったのになー。」と口を滑らせたのがわざとかどうかはわかりませんが「プロポーズを受けてくれるなら白の下着をつけて出迎えて下さい。」と言われたのです。

気負っていたのはプロポーズのせいか・・・と理由は分かりましたが、プロポーズを受けるのにわざわざ白の下着を着なきゃいけないのは少し不思議な気分でしたが、彼との結婚は前から考えていたので、早速買いに行くことにしました。

勝負下着は白のTバックとガータベルト

白い下着はウェディングドレスのイメージなのかな?と、可愛らしいベビードールにしようと思いましたが、私のイメージとはかけ離れているので、いつものTバックにガーターベルトとストッキングを選びました。でも、全て白でレースのフリフリです。中学生の頃から黒の下着なので、白の下着を身につけるのは約20年振りです。

白い下着は、つけるといつもより太って見えるので、彼氏が見た時の反応を考えると少し心配になりました。私の肌も白いので、インパクトもないのです。でも、誕生日になり彼氏が家にきて肩口からチラッとブラジャーの紐を見せた時の彼氏の反応は、一瞬硬直してその後「万歳!!」と叫びそのまま押し倒されました。

結果的に勝負下着は大成功です。いつもより長くいやらしく前戯され、終わった後も下着を着けるようにせがまれ、着けたら2回戦が始まりました。何度も何度も繰り返し求められました。

そのまま結婚した今も、普段はいつも通り黒の下着ですが夫の誕生日はもちろん、2度の家族計画にも白の勝負下着は大活躍してくれました。今でも白の勝負下着は枚数が増えて現役です。