彼も喜ぶかわいいランジェリー

ランジェリー、セックスライフ、デリケートゾーンのお悩み解決サイト

勝負下着は紫のレース

相手は動画配信をしているエッチトークが巧みな20代の男性でした

私は37歳の事務員です。セフレ相手に勝負下着を着用した時の話です。

彼と知り合ったのは、あるインターネット配信でした。私が彼を一方的に見ているリスナーで、相手は一般の方ですが、スマホから日常的に配信をして、雑談などをしては、閲覧している人がコメントを打って、コメント上で会話するというものなのですが、最初の1年間はコメントを打たず、ただ彼の配信を見ているだけの、一方的な関係性でした。

彼の雑談はエッチトークも楽しくて、20代の配信者だと言うのに、リスナーは40代50代の主婦層が多い事も有名でしたが、エッチに飢えている人が彼の雑談を楽しみにしていると言う感じで、私の仕事はない日や深夜は彼の放送が楽しみしている1人でした。

ただ彼の配信を見ているだけの一方的な関係がセフレに発展!?

そんな彼と個人的にDMをする仲に発展したのは、彼の雑談を見るようになり、1年半目のことでした。

その日は彼の閲覧者数が二桁と少なくなっていたので、盛り上げようとコメントを打って、名前を覚えられました。

その後、何度か個人的なやりとりがあり、最終的には体の関係・・・セフレになりました。

彼の好みは紫のレース・・・

彼の雑談では散々、自分は女性の下着は紫のレースなのが一番興奮すると、言っていたので、私の頭の中にはその事はインプットされていました。

彼とは初対面で初エッチをしたのですが、勿論昼間でしたが、お酒が入る予想をしていたので、紫のキレイなレース状の勝負下着の上下をつけていきました。
ネットで購入したのですが、質感も安物っぽくなく、紫でも決していらやらしだけが浮き彫りになりません。

彼は私の服を脱がすと、確実に下着の色は目に入ったと思いますが、特に下着には反応をしめしてくれませんでしたが、いちゃいちゃしながら、「ねぇ、紫のレース好きだよね?」と聞くと、あれはサービストークでわざとエッチに見せるように盛っていると言われました。

 

彼の為に準備した紫のレースの勝負下着だと知ると・・・彼が大興奮

一瞬ショックでしたが、私はわざわざ彼のトークの中に出てくる理想の勝負下着を着用してきた事を理解してくれると、猛烈に興奮しはじめたのです。

最初は冷静だった彼の興奮は収まりません。
その日は最後までは体を許さず、いちゃいちゃ系を楽しみたかったのですが、私が彼好みにあわて下着を選んできた事を知ると、興奮が収まらず、私もその強引さに彼の熱くなった肉棒を受け入れてしまいました。

結果的に、初対面でエッチをしてしまいましたが、紫のレースの下着を改めてみると、「本当にいらやらしい気持ちになる」と何度も言われ、その後何度も何度も体を求められました。勝負下着効果は絶大です。

それからも彼との関係は続いていて、会うたびにいやらしいランジェリーを彼に見せ、何度も何度も求められています。