彼も喜ぶかわいいランジェリー

ランジェリー、セックスライフ、デリケートゾーンのお悩み解決サイト

勝負下着に興味津々

彼の誕生日に勝負下着を購入

私は35歳で介護福祉士をしています。恋人である彼氏に喜んでもらいたいと思い、彼の誕生日に思いきって勝負下着を準備しました。彼氏は以前からセクシーな下着などを着て欲しいと言っていたため、恥ずかしくて本当は嫌だったのですが、誕生日プレゼントの一つとして、内緒で勝負下着を身に付けていました。
私が身に付けていた勝負下着は、赤いブラジャーとセットになっていたレースの下着、更にはセクシー画像でしか見たことがないようなガーターベルトです。インターネットで勝負下着と検索して出てきたものから選んだもので、実用性がなさそうなレースの下着とセクシーなガーターベルトをオンラインストアで購入させてもらいました。彼氏に見せる前に自分で着用してみたのですが、とてもじゃないけれど人様の前に出られるような格好ではなく、彼の誕生日に着るべきなのか直前まで悩んでいました。しかし、購入したからには着ないともったいないと思い、勇気を出した次第です。

ガーターベルトに歓喜の声!!

一緒に食事をしているときにも、これまでにはない履き心地でソワソワしておりいざ彼とベッドインというときに、まずは真っ赤なブラジャーに目が止まりました。彼は赤いブラジャーが大好きで、身に付けていたものも布面積が少なかったのですが、何とか胸が収まるもので、彼は自分の誕生日だからと赤いブラジャーをしてくれたのだと大喜びでした。ブラジャーに感激した彼は、下着が赤いということに気がついて、興奮を押さえきれなかったようですが、ガーターベルトを見て、歓喜の声をあげました。「すごい、どうなっているの?」を繰り返しながら、着用したままのガーターベルトをじっくりと見ている彼に恥ずかしくなりました。しかし、赤い下着とガーターベルトは大成功だと思ったのですが、興味津々過ぎてしまい、じっくりと彼が鑑賞し始めてしまったのです。そんなに見たいのなばと、わざわざ脱いで彼に渡したら、マジマジと更に観察し始めてしまい、もう一度着けてみてと言われて言う通りに着けたり、また脱いだりを彼が気の済むまでにやらされてしまったのです。ブラジャーの反応を見たときには、大成功だと思ったのですが、意外なことにガーターベルトを間近で見るのが初めてだったらしく、勝負下着に興味を持ちすぎてしまい、セクシーな気持ちにならずに少年のような好奇心を駆り立ててしまったようです。ガーターベルトのようなセクシーすぎるものは映像の中の世界だけに留めておくべきで、ブラジャーとショーツだけにするべきだったのかなと後悔しています。