彼も喜ぶかわいいランジェリー

ランジェリー、セックスライフ、デリケートゾーンのお悩み解決サイト

初めてのTバックで最高のセックス

友達からもらったTバック

41歳の専業主婦です。夫と交際していた26歳の時のお話です。

26歳の誕生日の1週間前に女友達から誕生日プレゼントをもらいました。

それはなんとTバックの下着!私にとって初めてのTバックは、白で前の部分がレースになっている海外の有名ブランド。もらった時には「えー、こんなの着れないよ」と言いましたが「結構燃えるよ」と友達はニヤけ顔。これほどセクシーな下着を自分で買うことはないのでどうしようかと迷いながら誕生日当日を迎えました。

その日は、横浜の海が見えるレストランを彼が予約してくれていました。いつもよりちょっぴりおめかしして食事を楽しんた後に私のマンションへ。

コーヒーを飲んでリラックスムードの中、私は友人にもらったTバックのことを彼に話しました。「見て見て、こんなの貰っちゃった」と突然Tバックを履くことに恥ずかしさを感じていた私は先に見せようと彼にTバックを披露。

彼は笑いながら「履いてみないとわからないね」と返事しました。これで下準備は完了です。すぐにお風呂に入ってTバックを履きその時を待ちました。

Tバック1枚でこんなにも変わるセックスと幸福感

彼がお風呂から出てビールを飲むと、自然といい雰囲気になっていきました。「誕生日おめでとう」という言葉とともに彼からのキス。そしてベッドの上に運ばれてパジャマを脱がされました。

初めてのTバック姿に照れがありましたが、彼は「可愛いね」と言いながらTバックを凝視。その周辺を優しく口で愛撫してくれました。私はTバックを履いている恥ずかしさもあっていつもより興奮してしまい、早く彼のモノを受け入れたくてしょうがありません。

しかし、彼は一向にTバックを脱がしてくれる素振りはなく、下着をつけたまま69の格好に。彼はTバックの紐を横にずらして私の大切なところを口と舌で責めてきました。思わず漏れる私の声。珍しく自分から「ちょうだい」と彼のモノを求めました。

正常位で彼はTバックの横から私の中へ深く入ってきました。彼のモノはいつにも増して堅く大きくなっていた感じがしました。

Tバックを履いたままの姿に彼も興奮していたようで「エロいね」と耳元で囁きながらゆっくりと出し入れしてきます。この時ほど奥に当たる感触を楽しめたことはありません。1回1回の出し入れをお互いに楽しみながら、ゆっくりと腰を密着させます。

その後、座位で彼が「ほら、入っているのが見えるでしょ?Tバックの横から」と結合部を見せられると私の興奮は最高潮に。Tバックを履いたままのセックスがこんなにも気持ちいいなんてと思いながら、あっけなく果ててしまいました。下腹部を痙攣させている私を見ながら彼はTバックの上に放出しました。

下着1枚で何か変わるとは思っていなかった私ですが、それは大きな間違いでした。それから数年後に彼と結婚しましたが、結婚後もオシャレな下着をつけるように心がけています。